リハビリテーション

理学療法士(PT)11名 作業療法士(OT)8名 言語聴覚士(ST)2名
リハビリ助手3名(内 回復期リハビリテーション PT3名 OT3名 訪問リハビリ PT1名 OT1名)

リハビリテーション科理念

常に患者様の立場で考え、安全で質の高いリハビリテーションを提供し、患者様の早期家庭復帰・社会復帰の支援に努めます。

対象疾患

当院では「脳血管障害」「整形外科疾患」など幅広くリハビリを行っております。
また、呼吸器専門医が充実しており、その特徴を活かし呼吸器疾患のリハビリテーションも積極的に導入しています。「呼吸器疾患」のリハビリを行うことで、正しい呼吸法の指導、息切れや運動機能の改善を図ります。

理学療法士とは

理学療法士とはPT(Physical Therapist)と略称されます。
病気やケガにより、日常生活に支障をきたした患者様に対して、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復をはかります。

作業療法士とは

作業療法士 とはOT(Occupational Therapist)と略称されます。
体や心に障害のある方々が食事、入浴、更衣といった日常生活の自立や社会復帰を目指す中で難しく困難なことを見つけ、その人らしい生活を取り戻すために、工芸や手芸など患者様に合わせた様々な作業活動を行います。

言語聴覚士とは

言語聴覚士とはST(Speech Language Hearing Therapist)と略称されます。脳血管障害による構音障害、失語症、高次脳機能障害、認知機能の低下のある方に対し、コミュニケーション訓練を行います。また、摂食・嚥下の問題に対しても多職種と連携し嚥下訓練を行います。

回復期リハビリテーション

脳血管疾患又は大腿骨骨折等の急性期治療を経た後の「回復期」の患者様に対し機能回復や日常生活動作能力の向上を図り、社会や家庭復帰を目的としたリハビリを365日対応にて集中的に行っています。医師を始め、複数の専門スタッフ(PT OT ST 看護師 介護士 ケアマネージャー 医療相談員など)によりチームを結成し日常生活動作能力の向上プログラムを作成しサポートさせていただきます。

リハビリ室風景

このページの先頭へ